サプリ その他のサプリ

乾燥肌にヒアルロン酸、はやっぱり本当かも?サプリ『ヒアルロン美潤』100円モニターで驚きの効果が!

投稿日:

こちらの広告↓


ヒアルロン酸サプリメント『ヒアルロン美潤』

とても優れた製品で効果も高そうだけど、「大袈裟じゃないの?}とも感じてました。

でも100円だし、試してみようかな~とほんの軽い気持ちで飲み始めました。

それが4日前くらい。

当時は顔や首がガサガサで皮がむけてひどい状態でした。腕も。

乾燥してバリア機能皆無の肌は、常にごわごわピリピリ、緊張してるような状態で、何とかしたいけど保湿しても全く潤わないし、塗ると痒くなってしまうので、何もできず、、、

 

それが、飲んで2日目(2回飲んだ後)くらいから、何となくピリピリ感が和らいでる感じ

3日目(3回飲んだ後)は皮がむけることが減ってきた印象が。肌の緊張感も取れてるような???

4日目(4回飲んだ後)は明らかに皮むけが減っている!肌表面のガサガサが収まってきているような感じなのです!

即効性がありすぎるので、ヒアルロン酸サプリの影響だけとは信じられないですが、

他に考えられることとすれば、前から飲んでいるサプリ効果が出てきた、のかもしれないし、相乗効果もありそう。

 

でも、調べてみるとヒアルロン酸サプリはアトピーや掌蹠膿疱症には効果的のようなので、これをきっかけに継続してみようと思いました。

↓100円モニターは試す価値あり!


ただちょっとお値段お高めなので、こちらのヒアルロン酸も試してから、海外サプリとも比較して選んでいこうと思ってます

マヨネーズでおなじみのキューピーが作った、日本初、肌の機能性表示食品『ヒアロモイスチャー240』


ヒアルロン酸の効果

角質層の生成や、水分・油分保持に効果を発揮し、肌のキメを細かく、瑞々してくれる効果があります。

皮膚形成を正常化し皮膚バリアを丈夫にすることでアトピー性皮膚炎や掌跡膿胞症などの改善が期待されて海外でも多く使用されています。

★皮膚バリアを丈夫にするためにはターンオーバーを正常化する必要があります。

お肌は大きく分けると3層に分かれており上から表皮(角質層)、皮下組織(基底細胞)、真皮という構造になっています。

皮下組織の基底細胞で生まれた皮膚細胞(コラーゲンが主成分)が垢やフケとなって表皮から剥がれるまでの期間をターンオーバーといい45日が理想とされています。(アトピー性皮膚炎の場合は15日くらいになってしまいます。)

お肌の水分を保つヒアルロン酸やコンドロイチンやグルコサミンなどのムコ多糖類とお肌の油分を保つEPA(オメガ3)、またコラーゲンが足りない皮下組織では基底細胞の下にある毛細血管から十分な量と種類の栄養素が取り込めず、ターンオーバーが早まったり遅くなったりして正常な角質細胞の角質化が起こらなくなり、角質細胞同士がくっつくことができずにバラバラの角質層が形成されてしまいます。

角質層がバラバラになった状態では物理的な刺激(服と擦れたり熱いシャワーなど)ですぐに角質細胞が剥がれてしまい、角質層の厚さの部分部分で厚薄ができてしまって水分と油分保持ができずに乾燥肌や敏感肌などになってしまいます。

またターンオーバーの異常により角質層が正常に作られなくなると、皮膚バリアが形成されずに皮膚に炎症などを起こしやすくなります。また、薄くなった角質層(皮膚バリア)がアレルゲンの侵入を容易に許してしまうことにより、アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症が重症化する場合もあるようです。

アメリカンビタミンショップさんのサイトより引用抜粋

ヒアルロン酸は肌にもともと存在する保湿成分ですが、加齢により減少していくため、肌の乾燥が進みます。

それに加えてアトピー性皮膚炎の人は皮下に分泌されるヒアルロン酸の量が少ない場合があると言われることから、肌のバリア機能を高めるにはヒアルロン酸サプリメントの補給が必要なのですね。

おすすめ記事

-サプリ, その他のサプリ

Copyright© アトピー&掌蹠膿疱症をサプリメントで治そう! , 2019 All Rights Reserved.