サプリ その他のサプリ

抗ヒスタミン作用でアレルギー体質の改善が期待できる『ケルセチン』飲み始めて痒みが減ってます

投稿日:

花粉症の旦那さん用に購入したケルセチンを3.4日前から私も飲んでみました。

ケルセチンはアレルゲンに対する反応を穏やかにしてくれ、ドイツでは抗ヒスタミン剤として医薬品に認定されています。

アメリカンビタミンショップさんのサイトによると、

ケルセチンとは

ケルセチンはアレルゲンに対して敏感に反応してしまう免疫機構(肥満細胞)を穏やかにして、皮膚のかゆみや炎症の原因となるヒスタミンの過剰な分泌を抑制します。

ただしケルセチンによる抗ヒスタミン剤としての効果は、ケルセチンサプリメントの半年~2年ほどの摂取期間が必要で、ケルセチンによるヒスタミン抑制に関しては即効性は期待できません。

アメリカではケルセチンはアレルギー体質改善の一番最後に摂取されることが多いようです。

とのことだったので、今後使ってみたいサプリと考えていました。

ただ、原因不明で顔や目が痒くなる事が最近とても気になって(もちろんアトピーの痒みも)、抗ヒスタミン効果を期待して試しに飲んでみたのです。

すぐは変化がわからなかったけど、今日は確かに痒みが減った感じがします!

痒みがないととても穏やかに過ごせますね^_^

ケルセチンによる変化なのかは断定できないけど、抗ヒスタミン効果と根本的な体質改善を目指して飲み続けてみようと思います。

アレルギーに対するケルセチンの働き

① アレルギーは本来は無害なアレルゲンに反応して大量に分泌されるグロブリンという免疫抗体が、肥満細胞(マスト細胞ともいいます)のレセプターに差し込まれて、肥満細胞の中に大量のヒスタミンが作られることから始まります。

② ヒスタミンが肥満細胞内に溜め込まれて限界に達すると、肥満細胞の細胞膜を破って血清中に大量のヒスタミンが流れ出し、過剰な免疫防御反応によって各部に炎症が起こります。

③ ヒスタミンによる炎症の出方はアレルギーの種類によって違っていて、アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬は皮膚のかゆみや皮膚炎として現れ、アレルギー性鼻炎は目や鼻の炎症として現れることが多いようです。

④ ケルセチンを摂取すると肥満細胞がグロブリンに対して過剰な応を引き起こさ なくなり、ヒスタミンも作られにくくなりますので根本的なアレルギーの改善に繋がる効果が期待できるとしています。

ケルセチンはiHerbで購入しました。

下のiHerbショップサイトのリンクから購入すると、セール期間外でも全ての商品が表示価格の5%OFFになります!

https://www.iherb.com/?rcode=AFS4656

今週末限定(11月13日AM3:00まで)でサイト全体11%オフセール中!下のリンクよりショップサイトにお入り下さい。

https://www.iherb.com?pcode=ELEVEN

現在服用しているサプリ

◆ビオチン 6錠(朝晩3錠ずつ)

◆EPA 450mg(オメガ3) 3錠(朝)

◆乳酸菌革命 2錠(夜)

◆ブロメライン 2錠(朝晩)

ケルセチン 3錠(朝1晩2)

◆エスターC 2錠(朝晩)

◆亜鉛 1錠(朝)

おすすめ記事

-サプリ, その他のサプリ

Copyright© アトピー&掌蹠膿疱症をサプリメントで治そう! , 2018 All Rights Reserved.