メンタル 腸内環境

腸内環境改善にヤクルト『カロリーハーフ』を試してみた…効果はいかに!?

投稿日:

ここ半月ほど毎日飲んでいるヤクルト、今回はカロリーハーフを購入してみました♪

こちらはカロリー半分、糖質半分、脂肪ゼロというところがポイントです!

お値段は同じく1本40円で

ヤクルトの生きたまま届く乳酸菌『ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株』の数も同じく1本(65ml)あたり200億個!

味はヤクルトのこってり感に対して、ハーフはあっさり、さっぱりの印象でした。

(糖質50%OFF、ということですが、やっぱり甘い😃)

カロリーを抑えたい人にはいいですが、味で選ぶなら好みが分かれるところ。

私は甘味料(スクラロース)の後味が苦手なので、こってり甘いオリジナルを選ぶかな。。。

 

少し前まではヤクルトを毎日4.5本飲んでたのですが→過去記事

その間1週間くらいだったけど、便通が良くなって、ロングセラー商品のヤクルトの実力を実感してました!

ただ、さすがに4.5本は糖分の取り過ぎが気になり、最近は1.2本に抑えてます。

さらに5日前くらいから善玉菌の補給を『乳酸菌革命』とういサプリに変えたせいもあるのかもしれませんが、便秘傾向になりました💦

ポイント

『乳酸菌革命』2カプセルで1000億個、16種類の乳酸菌が摂取できます。それまで飲んでいたものは1カプセルに12種類、100億株×1日3〜4個だったので、菌の数は倍以上取れる計算です



善玉菌を多くとったら便秘か良くなる、と思われてますが、腸内環境が悪すぎる場合などは一時的にお腹の調子が悪くなることがあります

善玉菌をたくさんとって便秘になる理由

菌優勢の腸内環境の中に大量の善玉菌を投入すると、もともと活性が低い上に大人しくしていた悪玉菌が覚醒し、入ってきた大量の善玉菌を排除しようと大量の毒素を分泌し、善玉菌も乳酸や酪酸を分泌して、盛大に戦います。

その結果、大量の腸内細菌の死骸が出るので、便の量が増えて大きくなります。

普通は、その死骸を洗い流すために腹痛を伴わない下痢が起きるか、便が大きくなったことにより、腸内の便の存在を感知するセンサーを刺激し、排便が促されます。

しかし、悪玉菌が出す毒素の中には腸の筋肉を弛緩させ、便を押し出す力を奪うものがあり、その手の毒素を出す悪玉菌が大量にいる場合、強度の便秘を引き起こすことがあります。

腸内環境が良くないための現象ですので、ここを越すまでは様子を見るしかないないですね。

でも根拠が分かっていると、無駄に焦ったり心配することなく過ごせます。

ストレスによっても悪玉菌が増えるらしいので、あれこれ考えすぎず、

楽で楽しくサプリ生活を続けていこうと思います(^_^)

 

 

おすすめ記事

-メンタル, 腸内環境

Copyright© アトピー&掌蹠膿疱症をサプリメントで治そう! , 2018 All Rights Reserved.