サプリ その他のサプリ ブロメライン

アトピーや花粉症等のアレルギー体質の根本改善に『ケルセチン』サプリが効果的

投稿日:

ブロメラインを注文しようと思って検索していたら、iHerbサイトでブロメラインとケルセチンの混合錠を見つけました。

 

 

Now Foods, ブロメライン入りケルセチン、120野菜カプセル

 

ブロメラインとケルセチンは米国では花粉症の対症療法のサプリとして人気があり、アトピーやアレルギー体質の改善に使われおり、ドイツではケルセチンは抗ヒスタミン剤として医薬品に認定されているそうです。

ケルセチンとは

ケルセチンはアレルゲンに対して敏感に反応してしまう免疫機構(肥満細胞)の感度を下げて、皮膚のかゆみや炎症の原因となるヒスタミンの過剰な分泌を抑制します。

ケルセチンのヒスタミン抑制能力は高く、永続するため、アレルギー体質(ヒスタミ ンが大量に作られる体質)を根本的に改善する効果が期待できるとして、人気の高い抗ヒスタミン剤サプリメントです。

また、ケルセチンに含まれるフラボノイドの抗酸化作用は、炎症によって発生する大量の活性酸素により粘膜や毛細血管がダメージとそれにより更に炎症がひどくなるという悪循環を抑える働きもあります。

 

ココに注意

ただしケルセチンによる抗ヒスタミン剤としての効果は、半年~2年ほどの摂取期間が必要で、即効性は期待できません。

また、皮膚が薄く、外からアレルゲンがどんどん入ってきてしまうような状態では身体の中から消炎しようとしても全身からアレルゲンを取り込んでしまうため、ケルセチンの肥満細胞を鈍くする効果が期待できない場合があるそうです。

そのため、アメリカではビオチンやEPAで角質層を正常化して皮膚バリアが働くようになった後に、アレルギー体質改善の一番最後に摂取されることが多いようです。

以上アメリカンビタミンショップサイトから引用、抜粋

ヒスタミン抑制というのはとっても気になりますね。

今はまだ皮膚が弱いので使いませんが今後、根本的な体質改善として使ってみたいサプリです。

ブロメラインの混合というのも便利😊

ケルセチンと言えば玉ねぎの皮に含まれる成分として知られていますが、サプリなら気軽に摂取できるので、

年明けに注文して、花粉症の旦那さんと一緒に使ってみようかなと考えています。

おすすめ記事

-サプリ, その他のサプリ, ブロメライン

Copyright© アトピー&掌蹠膿疱症をサプリメントで治そう! , 2018 All Rights Reserved.