EPA サプリ ビオチン 善玉菌サプリ

〈サプリ開始4か月目〉この手荒れは掌蹠膿疱症かも。ビオチンとEPAを増量することにしました

投稿日:2018年9月5日 更新日:

元々手荒れがひどく、その時は手の甲や指関節(外側)に症状が出ていました。

常に亀裂ができてる状態でしたが、それに比べたら手のひらはなんともなかったのです。

それが最近手のひら側の乾燥や痒みが酷い。皮も剥ける。

そういえば以前から手のひらのシワに沿って赤い湿疹のようなものができることがあった、、、

自分はアトピーだけかと思っていましたが、これは掌蹠膿疱症のようです。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)とは

掌蹠膿疱症はウミが溜まった膿疱と呼ばれる皮疹が手のひら(手掌)や足の裏(足蹠)に数多くみられる病気で、周期的に良くなったり、悪くなったりを繰り返します。ときに、足と手のほかにスネや膝にも皮疹が出ることがあります。

皮疹は小さな水ぶくれ(水疱)が生じ、次第に膿疱に変化します。その後、かさぶた(痂皮)となり、角層(皮膚の最表層にある薄い層)がはげ落ちます。後にこれらの皮疹が混じった状態になります。

出始めに、よくかゆくなります。また、鎖骨や胸の中央(胸鎖肋関節症)やその他の関節が痛くなることがあります。

足の皮疹は水虫によく似ていますので、診断をはっきりさせるために皮膚表面の角層を一部取り、顕微鏡で調べて、水虫を起こすカビ(白癬菌)がいるかどうか調べる必要があります。

その他、間違いやすい皮膚病としてかぶれ(接触皮膚炎)や乾癬などがあります。

日本皮膚科学会サイトより抜粋)

アメリカンビタミンショップのサイトでは、アトピーと掌蹠膿疱症の原因は同じ、、、、、と書いてありました。

関節の苔癬化の感じからすると尋常性乾癬かもしれない、、、

どちらにしても同じ原因でてきている現象のようです。

ポイント

掌蹠膿疱症の改善では、まず、最重要課題である腸内環境の改善用に善玉菌サプリと、薄い角質層を正常化し、皮膚バリアを正常に機能させるためのEPA、炎症抑制ホルモンの生成を促すほか、皮下組織の毛細血管を太くして血流を高め、皮膚に必要な栄養素を届けやすくしたり、新陳代謝で出た老廃物を流し去りやすくするビオチン、この3つのサプリメントが基本となります。

アメリカの殆どのアレルギー内科医が、医薬品と共にこの3つを使って、掌蹠膿疱症などのアレルギーの体質改善に当たっています。

(サイトより抜粋)

基本は4錠ずつのサプリですが、乾癬や掌蹠膿疱症ではビオチンとEPAを8錠まで増やすことも書いてありました。

良い感触は得られているものの、もっと治療を加速したいので、4か月目からは1日6錠ずつにしようと思います。

現在服用しているサプリ

◆タイムリリースビオチン 6錠(朝晩3錠ずつ)

◆EPA 6錠

◆善玉菌 3錠

おすすめ記事

-EPA, サプリ, ビオチン, 善玉菌サプリ

Copyright© アトピー&掌蹠膿疱症をサプリメントで治そう! , 2018 All Rights Reserved.